なごみグループ
有限会社なごみの部屋/株式会社カルム

なごみブログ

背中が曲がってきたら、注意したいこと

年齢を重ねるごとに
「背中が曲がってきた」とか
「腰が曲がってきた」なんていう話は
良く聞きますが、
皆さんはいかがでしょうか?
 
 
この「背中や腰が曲がっている状態」を
専門的に言うと「円背(えんぱい)」と言います。
 
この「円背」は、背骨の中でも
胸の背骨(胸椎)の曲がりが
大きくなっている状態を示します。
 
さて、この「円背」ですが、
見た目だけの問題でなく、
さまざまな問題を引き起こす要因でもあります。
 
 
 
では、どんな問題が起こりやすいのでしょうか?
 
背骨の骨折(圧迫骨折の危険性がある)
転倒しやすくなる
誤嚥の危険性が増える
呼吸がしにくくなる
 
このように、転倒や骨折だけではなく、
飲み込みや呼吸への影響もみられやすくなります。
 
 
 
【円背は治るの?】
 
実は、円背にも種類があり、
骨粗鬆症や骨折などの変形からくるものと
筋力低下によって起こるものがあります。
 
残念ながら、骨の変形による円背は
治すことが難しいのが現状です。
 
筋力低下からくる円背では、
普段は背中が曲がっていても、
意識すれば伸ばす事ができるので
予防や改善は見込めます!
 
 
ぜひ、改善できるうちにケアしていきましょう!
 
 
 
【簡単にできる対策】
ご自宅でも簡単にできる対策を3つご紹介します。
 
1.正しい姿勢を意識しよう
 

2.胸椎(胸の背骨)を伸ばそう

方法:①丸めたタオルを横向きに敷き、その上に仰向けに寝ます。
               タオルの位置は、両脇の位置に置きましょう。
   ②両手を広げ、ゆっくりと深呼吸を続けます。
   ③1分程度行いましょう。
 
3.肩甲骨周囲の筋力を鍛えよう
 
方法:①両方の肩甲骨を内側に寄せる
   ②10回程度
 
 
 
円背予防は、さまざまの身体機能の改善に結びつきます。
ぜひ、日々の生活に取り入れてみてくださいね!